ソウルの街並み
パルサーGT-IRの足回りセッティング

3色パル号の足回りが煮詰まってきたところです。ちょっと気になるところがあったのでタイヤを変えてテストしてみよう~と。今履いているのがアゼニスの205/50-15で標準タイヤの外径よりチョット大き目

アゼニス

このタイヤでセッティングテストでネオバの195/50R15をセットして車の動きを調べます。そのあと、さらにネオバの205/45R16もテストです。

ネオバ

ネオバの195を履いてテスト

パルサー

乗ってみると、外径が小さい分やはり加速力が凄い気温が低いのでパワーも上がっているみたい1速では4輪ホイールスピン、結構危ないぞ~調べたいのは加速じゃなくてコーナーかなりクイックだけど、やっぱり限界付近でこの現象がでてしまうのか~しかも予想通り195のほうがひどいロードインデックス不足でタイヤが限界付近で荷重に負けてヨレてしまう。ボディー剛性がないときは全く気づかなかったんだけど今回の3色パル号はハッキリわかっちゃうんだよな~205/45-16に履きかえてテスト限界はかなり高くなったけど、やっぱり同じ現象がでちゃう。この3色パル号フロントが790キロということはフロント1輪395キロ、ショートサーキットだと最低でも1,5倍は必要593キロに耐えられないとダメなんだよな~となるとロードインデックス90以上のタイヤで尚且つグリップタイヤでパルサーにおさまるタイヤをさがさないと~でもただ一つの救いは、メーターがモーテックなので速度計が簡単に補正できるので外径が変わっても速度計を合わせられるところかな~

2016年、アジアンタイヤからハイグリップタイヤが発売されました。

アジアンタイヤでも、Sタイヤに匹敵するタイヤがあります。

その値段の安さに驚きますよ。

コチラから⇒NANKANG NS-2R

タイムアタックなら⇒NANKANG AR-1

更新日:2020年08月07日